チヌ釣りナビチヌ・ダンゴ釣り編 > 晩秋のダンゴ釣り

晩秋のダンゴ釣りのカテゴリ


徐々に喰いが渋くなる晩秋の時期、いかに喰わせるか。

晩秋のダンゴ釣り

夏に釣れ盛ったチヌも、この時期になるとめっきり数は減ってきます。
それでもダンゴ釣り師はチヌを追っかけていたい。
「数は減るが型は大きくなる」という理屈をつけながら、また休みの日には釣りに出かけます。
釣りに行くからには数は少なくてもやはり釣りたい。
盛期と違って一工夫しないといけません。

配合餌の工夫
水温も下がってきているので、エサトリの活性も低くなっています。
まずはエサトリを集めないことにはチヌも寄ってこない。
盛期の頃はあまり集め過ぎると釣り辛いですが、この時期は逆に集めないといけないので、集魚効果の高いものを混ぜないとダメです。
今までのものにアミエビ、アミドリップなどを少し加えてあげるだけでOK。

サシエサの工夫
今までネリエを使っていたらオキアミに変えるとか、オキアミではもたないような釣場では、ネリエに少し水をつけて練りこんで柔らかくするという工夫をします。

ウキも感度のいいものを
ウキも抵抗の少ないよりスリムで、オモリ負荷の小さなものに変えたほうがいいです。

手返し
活性が低くなると、寄りも遅くなります。
ですから盛期の時よりも手返しの回数は落として、より長く流すようにした方がいい。

誘いが大事
この時期食い渋る時が多くなります。
そんな時何をするか?
「誘い」をかけます。
イカダをする人はよく誘います。
横へずらしたり、上へ上へ誘ったり。
結構頻繁に誘います。
ところが防波堤や磯でのダンゴ釣りはあまり誘いません。
でもこのような時期は誘いが必要です。
ウキが途中まで沈んで、また浮いてくるような時は誘ってやらないとなかなか乗ってきません。
はっきりしたアタリがなくても、何かチヌが寄っている気配を感じる時があります。
そのような時も誘いをかけます。
なんの変化もないからといって、仕掛けを流しっぱなしではボーズをくらいます。
そうのような時でも誘ってやると釣れることがあります。
誘い方は、ゆっくりリールを巻くか、リールの上の道糸をゆっくり横へひっぱってやります。
竿で誘うとエサの動きが大きすぎてチヌに警戒されます。


夏によく釣れて満喫した余韻をまだ楽しみたいダンゴ釣り師は、このようなことに注意を払いながら望めば、きっといい思いをしますよ。

スポンサードリンク

当サイトについてと免責事項

  • チヌ釣りナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) チヌ釣りナビ All Rights Reserved.