チヌ釣りナビチヌ・ダンゴ釣り編チヌ・ダンゴ釣りのウキ > 遠投のダンゴ用ウキ

遠投のダンゴ用ウキ

小さいな団子では棒ウキは飛ばない

私の場合ダンゴは片手で握りますから小さなダンゴしかできません。

ですからオモリ負荷の大きな棒ウキの場合、シャクで投げても
そんなに遠く飛ばすことはできません。

特に遠投にこだわっているわけでもないので、通常は飛ぶ範囲で
釣っています。

今年から高砂の防波堤にも通うようになったのですが、ここでダンゴをする人の多くが20~25メートルくらいの距離を狙っているのです。

実際水深を測ってみると、15~20mくらいの距離は竿1本半
くらいの水深ですが、20m以上は竿2本くらいの水深です。

この駆け上がりをみんな狙っているようです。

私もそこまで飛ばさないといけないということで、砂を少し足して
比重をつけ、ウキは玉ウキに替えてやりました。

そうするとみんなと同じ距離はでました。

ただ、棒ウキに慣れているものですから、アタリが取りづらいという
難点があります。

棒ウキの場合はアタリもスッと入りますからわかりやすいのですが、
玉ウキは入るには入るのですが、棒ウキに比べるとストロークが
短い分合わせづらいですね。

もちろん玉ウキでもはっきりわかるアタリではあるのですが、
イマイチ釈然としないんです。

棒ウキもできるだけトップの長いもの、25~30cmのを使って
いますから余計にそう感じるんでしょうが。

これは慣れる以外にないですね。

3~4Bくらいのオモリ負荷のスリムな棒ウキだと距離はでますが、
今度は水深があるので、ダンゴがまだ付いている状態だと水没して
しまってこれも釣りになりません。

直径1cmの太目のコンパクトな棒ウキを作って試してみたのですが、
よく飛んでくれますがこれまた見づらいんです。

tamauki%26bouki.jpg

水深のあるところで棒ウキを使う場合は、0.8号~1号くらいは欲し
いです。

そのウキを使うとなると両手で握ってもっと大きなダンゴを作らないと
飛んでくれません。

この釣り場では1号負荷くらいの棒ウキを使って飛ばしている人は
いますが、みんな大きなダンゴです。

片手で握れる小さなダンゴのいいところは、すばやく握れて疲れないことや
持ち運びが楽なことがあげられます。

このスタイルは変えたくないので、当面遠投は玉ウキしかないかなと思っています。

私もそれほど若くないですから、見やすい目印でないとこれもまたストレスが
たまります。

一つのウキで全てをカバーすることはできません。
だからこんなにたくさんの種類があるんですね。

ウキをシチュエーションにあわせてあれこれ考えながら選択することも
釣りの楽しみではあります。

スポンサードリンク

当サイトについてと免責事項

  • チヌ釣りナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) チヌ釣りナビ All Rights Reserved.