チヌ釣りナビチヌ・フカセ釣り編 > 最初のチヌを手にするために

最初のチヌを手にするためにのカテゴリ

最短チヌゲット法

フカセ釣りで最初のチヌをゲットするには?

春の乗っ込み時期はエサトリも比較的少なく、フカセでは最も釣りやすい時期です。
それでもなかなか釣れない人がいます。

どこに原因があるのでしょうか?

●マキエはリズミカルに!

初級者が釣れない原因の一つは、マキエワークにあります。
なかなかリズミカルに撒けないようです。

マキエの間隔をある程度一定にさせるとチヌは寄ってきます。
インターバルが不規則で、思い出したように集中的に撒いたかと思うと、今度が全く撒かなかったりと、非常にリズムの悪い人が多いです。

これでは釣れません。
もしあなたがこのようなタイプであれば、次のように修正してください。

●マキエのパターンを作る

仕掛けを投入する前に2回、投入後3回撒くというように、1投ごとにこのパターンでいくと決めておくだけで全く釣果は変わってきます。
はっきり言って、今まで釣れなかった人でもこのパターンで釣れば嘘のように釣れます。

1投あたりのマキエの回数が多いように思いますが、慣れないうちはこれぐらい撒いてください。
仕掛けの投入前後にマキエを打つメリットは、サシエとマキエを同調させやすいからです。

マキエはなかなか奥が深く、経験を積んでいかないとなりませんが、最初のうちはこのようなパターンでやってみてください。

●マキエのバリエーション

経験を積んでくれば、縦に広げて撒く方法、横に広げて撒く方法、ピンポイントでダンゴにしたり、逆にパーッと広げて撒いたり、状況によっていろんなヴァリエーションを使い分けることができます。

また、オキアミオンリーで撒く場合、集魚剤を使う場合はその比重、水深、流れなどの状況で仕掛けを投入するタイミング、逆にマキエを打つタイミングも計算しないといけません。

チヌの喰うポイントでサシエとマキエを一致させるためにです。
このようなことも少しづつ身につけていかないといけませんが、最初から全部はできません。
1歩1歩前進です。

これが釣りの面白いところです。
まずは、騙されたと思って、先ほど紹介した方法で釣ってみてください。

スポンサードリンク

当サイトについてと免責事項

  • チヌ釣りナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) チヌ釣りナビ All Rights Reserved.