チヌ釣りナビチヌ・フカセ釣り編 > 遠矢釣法は有効か?

遠矢釣法は有効か?のカテゴリ

遠矢釣法の説明

遠矢ウキ-ポイント釣法

チヌ釣りをする人は、よくご存知ですね。
遠矢ウキで有名な遠矢国利さん。

私は、撒き餌を使うフカセ釣りでチヌを狙い始めた頃、この人の釣法(ポイント釣法)を学んで、磯釣りに出かけました。

姫路市の沖に家島諸島というところがあります。
いい釣り場です。

ある年の5月の乗っ込みの時期に釣行した時の体験談。
仲間6人で行きました。
各磯に別れて釣りました。

今日は遠矢釣法で攻めるぞと前から決めておりました。
集魚剤をよく練りこんで、オキアミを入れて準備完了。

初めての磯なので、ポイントがよくわかりません。
自分でポイントを作ればいいやということで、適当に20mぐらい沖にポイントを決めました。
タナをきっちり測り、ウキ下を合わせ、釣り開始。

まず初めに、ポイント付近に撒き餌を撒いて、仕掛けを投入。
仕掛けを投入する前にマキエを2~3回撒いて、それから投入し、さらにマキエを1~2回撒くパターンでやりました。

結果は、33cm~43cmのチヌを6枚。
型のいいチヌをこんなに釣ったのは初めてでした。

ほかの仲間は全員ボーズ。
その時、この釣り方はすごいなあと思いました。

私は一躍名人になりました。
その場限りでしたが。

それからというもの、このやり方で幾度となくいい思いをさせてもらいました。

全国にはたくさんの名人がいます。
雑誌やテレビで有名な人。

地元名人。
その釣法は、長年、工夫し、試行錯誤を繰り返して編み出されたものです。
やり方はそれぞれ違うけれど、どれも実績が伴っています。

釣りに迷った時、いまだいい思いをしたことのない人は、一度自分に合う釣法をマネしてみてはいかがでしょうか。


--------------------------------------------------------------------------------

遠矢釣法とは?

【基本的な考え方】
「チヌは底を釣れ」と言われるように、チヌは元々底近くを泳ぐ習性がある。
チヌは好奇心も旺盛だが、同時に警戒心も強く、なかなか浮いてこない。

まして防波堤のように人がいつも多い釣場ではなおさら。
ならば、マキエを底に沈めて、底狙いで釣ろうという考え方。

【マキエの配合】
阿波釣法のように少しずつマキエを撒きながらマキエの筋(帯)の中を釣るのではなく、マキエの一投一投でポイントを作るのがポイント釣法。

底狙いが基本で、遠投もできるようにオキアミに比重と粘りのある集魚剤を配合。

約4時間の目安
チヌパワー3袋(レギュラーサイズ)
オカラダンゴ半袋

この二つを海水を加えて、練りこみながら混ぜていく。
これにオキアミ2kg(形を崩さない)を混ぜ込む。

練りこむようにしないと粘りがなく、投げた時に途中でバラけてポイントが絞れなくなる。
硬さは団子にして50cm上から落としても割れない程度。
ベチャっとしてしまえば、水が多すぎる。
パカっと割れてしまえば硬すぎる。

水深が深ければ(5m以上)オカラダンゴの量を3分の1袋くらいにして、粘りを強くする。
逆に浅ければ、オカラダンゴの量を多くしてバラケを早くする。

tooya-sikake.gif

【基本的な仕掛け】

仕掛けは図の通り。
ウキは水深、波高、潮の速さなど考慮にしながら適切なものを選ぶ。
浮力調整用のオモリはサルカンの上とカラマン棒の下の2箇所に分散させる。(カラミを防ぐため)

ハリのチモトのジンタンオモリは、ハリスがナイロンの場合は打つ。
フロロカーボンの場合は打たなくてもよい。

ウキ止めは3つ。
一番上のウキ止めは水深の1番深いところ。
真ん中のウキ止めはズレ防止用。
一番下(ハリに近いところ)は本当の棚。

【ポイント選びと釣り方】

・釣座を選ぶ時は大きなサラシ場や潮が一方向へどんどん流れるところは避け、そこそこ水深があって流れの集まるところを選ぶ。

・仕掛けを準備するまえに、マキエをソフトボールくらいの大きさのダンゴにして、3~4個ポイントに放り込んでおく。ハエ根際や消波ブロック際などの天然のポイントではなく、あくまでも自分が釣りやすい距離に放り込む。

・ポイントは時間と共に変わることもあるが、70%近い確立で最初に放り込んだポイントで食ってくる。
・仕掛けを準備しながらマキエをし、ゴム管付きの1号オモリで水深を測る。

ポイント周辺を数箇所調べておくほうが底の状態がわかる。
・仕掛けを投入したら、ウキがなじむまえにマキエをコントロールよく投入する。

潮がゆるいところではウキにかぶせるように、潮の速いところでは潮上に打つ。マキエの投入は基本的にひと流し1回。

この釣法は雑誌などにもよく紹介されています。
また遠矢国利さん自身も本を出されております。
『釣りはウキで決まる』

スポンサードリンク

当サイトについてと免責事項

  • チヌ釣りナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) チヌ釣りナビ All Rights Reserved.