チヌ釣りナビチヌ・フカセ釣り編 > 忍者釣法の勧め

忍者釣法の勧めのカテゴリ

忍者釣法とは?

ボーズを逃れる最期の手段

普通仕掛けを流す時、釣り場の状況によりますが、少し沖を流します。
沖が掛け上がりになっていたり、シモリがある場合、そこを集中的に攻めることが多いですね。

そこがポイントだと思って釣っているのに、全く釣れないことがあります。
そのうち時合いがくるだろうと待っていても釣れない。

あっちこっちポイントを変えてもダメ。
万事休す。

「もう荷物をまとめて帰ろっと。」
「ちょっと待って下さい。足元が残っています。」

「警戒心の強いチヌがこんな足元の浅いところにおるわけないやろ。」
でもいる時があるのです。

自分が立っている足元の岩の陰、テトラの陰に潜んでいつことがあります。
少し後ろにさがり、身をかがめて、忍者のようにして釣ります。

仕掛けは軽くし、ウキ下は矢引きか半ヒロ。
マキエは少量、音を立てず、パラパラと撒く。

これで、チヌが食ってくることがありました。
多くて2匹です。

浅場なので、警戒しており、そんなにたくさんはいません。
でもこれで何度もボーズはまぬがれました。

磯釣りでも防波堤の釣りでも同じ経験をしております。

もっともこれは、最後の手段です。
はじめから、いきなり足元を狙う人はいないでしょう。

いたらよっぽど変わり者です。
灯台下暗しといいますが、最後の手段として、是非この忍者釣法を試してみてください。

必ずいい思いをすることがありますよ。

スポンサードリンク

当サイトについてと免責事項

  • チヌ釣りナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) チヌ釣りナビ All Rights Reserved.