チヌ釣りナビチヌ・フカセ釣り編 > 乗っ込みチヌ藻場攻略法

乗っ込みチヌ藻場攻略法のカテゴリ

乗っ込み時期のチヌを藻場で攻略する。

チヌの居そうな藻場をどう攻める?

乗っ込みチヌの時期、藻の周辺を狙うのは定石です。
でも嫌がる人もいます。

藻が邪魔して取り込みにくいから。
だからと言って、藻のあるところを諦めるのはもったいない。
可能性が高いので、絶対に狙うべきです。

藻の多い磯に上がった時、取り込みのシュミレーションをしておくと、いざという時楽です。
釣り場に着いたら、誘導できる切れ目のあるところ、藻が少ないところを探します。

そこが見つかれば、後はロッドワークで誘導して取り込む。
この準備をしておくだけで全然違います。

それとウキは円錐ウキのほうがベターです。
棒ウキは長いことと中通しでないため、藻にからみやすく、はずれにくいからです。

切れ目や藻の少ないところもなく、藻ばっかりのところもあります。
こういう場合は沖の切れ目を狙います。チヌが掛かれば、リールを逆転させて、一旦沖へ出してやります。
竿は、水平にしたり、逆さにして沖でチヌを浮かせ、空気を吸わせ、竿を立てながら藻の上をすべらすように引き寄せてきます。

シュミレーション通りにいかない場合があります。
もし藻に掛かってしまったら、慌てないことです。

バラシの原因のほとんどは、強引に藻から引き出そうとするからです。
逃げられてはいけないので、ラインを張ったままじっとしています。

やがて痺れを切らして、強引に引っ張るから切れてしまうのです。
この場合、一旦ラインをゆるめます。

スプールを起こして、ラインを出してやります。
チヌに藻から出てもらうように仕向けてください。

それからもう一度やり取りを始めると、うまくいく場合が多いです。
チヌが沖にうまく出てくれる場合もあるし、自ら手前へ寄ってきてくれる場合もあります。

スポンサードリンク

当サイトについてと免責事項

  • チヌ釣りナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) チヌ釣りナビ All Rights Reserved.