チヌ釣りナビその他の釣り > 棒ウキ派と円錐ウキ派

棒ウキ派と円錐ウキ派のカテゴリ

フカセの場合棒ウキ派と円錐ウキ派にわかれますが、あなたはどちら?

あなたは棒ウキ派それとも円錐ウキ派?

棒ウキと円錐ウキではアタリの出方が違います。
棒ウキはスーと入っていきます。

円錐ウキはジワーと入っていく。
ここが好みの分かれるところです。

今まで円錐ウキに慣れている人の中には、棒ウキのアタリは心臓に悪いという人もいます。
でも棒ウキ派の人は、このスポッと入るアタリがこたえられないんですね。

私もそのうちの一人です。

ただ、好き嫌いは別にして、釣り場の状況で、ウキを選択しています。

下津井(倉敷市)沖の磯のように、潮がガンガン流れるようなところでは、円錐ウキを使います。
サシエサを先行するように流さないといけないからです。

棒ウキだと、ウキをセーブしながら流すと、急流の中では水没してしまって、アタリが取り辛い。
ある程度水深があって、ゆっくり流れるようなところでは、迷わず棒ウキを使います。

あのアタリがたまらないからです。

技術的に難しいのは、円錐ウキです。

磯で、足元から沖へ流れるような潮の場合は、問題ないのですが、
横流れで、沖へウキを投入するケースは、難しい。

表層の流れは、下層よりも速く、仕掛けをセーブしながら流さないといけない。
道糸を絶えず修正しながら流してしかないと、ウキが手前へ手前へ寄って来ます。

マキエの軌道と仕掛けの軌道がズレないよう、またマキエはそれを想定しながら打たないといけない。

その点、棒ウキの場合は楽です。
水面下のボディが流れをうまく受け止めてくれます。

頻繁にウキをセーブする必要がないので、円錐ウキほどマキエを計算して投入する必要がない。
円錐ウキ一本でやっている人には、頭が下がります。

スポンサードリンク

当サイトについてと免責事項

  • チヌ釣りナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) チヌ釣りナビ All Rights Reserved.