チヌ釣りナビその他の釣り > 初冬の淡路島グレ釣り仕掛け

初冬の淡路島グレ釣り仕掛けのカテゴリ

初冬の淡路島グレ釣り仕掛けを紹介

防波堤のグレは遠投で!

淡路島はグレの宝庫です。

そんなに大きなものは釣れません。
私が釣ったものでは、33cmが最高でした。

沼島の磯に渡れば、40cmオーバーも居るそうです。
11月くらいから型もよくなって、25cmくらいが中心になります。

地磯が少なく、ほとんど波止釣りです。
釣り方はいろいろあります。

この地方独特のものとしては、ハバノリをエサにしたウキ釣りです。
エサトリに強いので、釣れるのはグレだけ。

私たちがよくするのは、カゴ釣りです。
小さいステンレスの天秤カゴです。

網目の大きさは、オキアミ用とアミエビ用の2種類用意。
天秤の先にさらに三つ又サルカンを付けます。

三つ又サルカンはそのうちの二つが4cmくらいの針金が付いています。
そこにハリス約30cmと50cmの2本バリにします。

サシエサはオキアミや大粒のアミエビ(サシアミ)。
マキエはアミレンガやオキアミのブロックにグレ用集魚剤かヌカまたはパン粉などを適量入れる。
ウキは自作ウキ。

直径2cmくらいのバルサ材で作ります。
トップは遠投するので、よく見えるようにプラスチックの羽根を付けます。

オモリ負荷は5~8号くらい。
この仕掛けで30~40メートル沖を狙います。

どこの釣場でもこの距離がいいという訳ではありません。
ちょうどその付近は岩礁帯やシモリが点在しているからです。

砂地の所にはいないですからね。

ウキ下は2ヒロ~4ヒロ。

調子のいい時は、20匹くらいは釣れます。
たまに25cmくらいのカワハギが1~2匹混ざります。
これを薄造りにしたら最高!

案外シンプルな釣りなのでお勧めです。
kago.gif
gure-kago.jpg

この時期は東浦方面が中心になります。ちょうど逆光になる釣場が多く、少々太いトップでも見にくいので、この羽根は重宝します。

--------------------------------------------------------------------------

【近くをフカセで狙う時の提案】

カゴ釣りに向いていない釣場で釣る場合、フカセ釣りということになります。
ハバノリをエサにしての方法もいいですが、手に入らない場合、普通のエサになります。

磯のフカセでは、マキエはオキアミに集魚剤を混ぜたものをよく使いますが、防波堤で同じことをやるとこの時期でもエサトリの猛攻に会い、なかなかグレにはめぐり会えません。

そこでどうするか?
これから紹介する方法は地元の人がやっていた方法です。

私自身はまだ試したことはないので、はっきりしたことは言えないのですが、そこそこ釣れるだろうと感じています。

マキエはヌカを主体にします。
そこにほんの少量のアミエビかオキアミを加えて撒くんです。

エサトリが寄るか寄らないかのギリギリの量です。
その量は自分でつかまないとなりませんが、まずは一握りから始めたらいいと思います。

全く何も寄ってこないようであれば少しづつ加えていって様子をみます。
サシエサはサシアミかオキアミでいいです。

また石ゴカイもなかなかいいですよ!
このエサはオキアミなどよりはエサ持ちがよく、グレの食いはいいです。

マキエの回数ですが、磯のようにマキエとサシエを一致させるために一投ごとに三杯も四杯も撒くことはしなくていいです。

エサトリをできるだけ少なく集めるのですから。
一投ごとに一回のペースでいいでしょう。

グレの動きは素早いので、エサトリをあまり寄せていなければ、サシエを食う確立は高まります。
よかったら一度試してみて下さい。

スポンサードリンク

当サイトについてと免責事項

  • チヌ釣りナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) チヌ釣りナビ All Rights Reserved.